TAKUOの美容師物語

現役美容師が描く美容室のリアルな物語。シュールなあるあるネタから、ギャグチックなショート漫画を展開。インスタで話題沸騰中のTAKUOのブログ。

カテゴリ: 美容室で気をつける事

【美容室】💡カットの時、注意するべきところこれ結構、あるあるなんですよ!言えばいいじゃんって思うかもしれないですけど言いづらいんですよね🏄🏾‍♂️なので、カット中はなるべく早く頭を動かさないように心掛けてもらえるとうれしいー ...

【美容室】💡カットの時、注意するべきところ

IMG_6578

これ結構、あるあるなんですよ!

言えばいいじゃんって
思うかもしれないですけど
言いづらいんですよね🏄🏾‍♂️

なので、
カット中はなるべく早く頭を
動かさないように
心掛けてもらえると
うれしいー


LINEで読者になる
続きを読む

【美人なお客さんほどね…】これは、あるあるですねぇw全国の美容師さんからも共感を得ています(笑)なので、シャンプーされている時に「あ、私、イビキかいてるかも」っておもったあなたは美人です。 ...
【美人なお客さんほどね…】

FullSizeRender

これは、あるあるですねぇw
全国の美容師さんからも
共感を得ています(笑)


なので、シャンプーされている時に
「あ、私、イビキかいてるかも」
っておもったあなたは

美人です。



LINEで読者になる
続きを読む

【🚨注意🚨】美容院の予約に遅れて来たお客様の末路…その日の予約状況にもよりますが30分以上遅れてしまうと次の予約の関係上、予約メニューを変更せざる終えなくなる場合があります!カットカラーで予約したけどカットだけ、カラーだけの施術になる場合があります。カラ ...
【🚨注意🚨】
美容院の予約に遅れて来たお客様の末路…


IMG_4616


その日の予約状況にもよりますが

30分以上遅れてしまうと

次の予約の関係上、

予約メニューを変更せざる終えなく
なる場合があります!

カットカラーで予約したけど
カットだけ、カラーだけの
施術になる場合があります。


カラーだけというのは、
シングルカラーのみです。

そこにブリーチやハイライトなどの
ブリーチメニューは含まれません。


気を付けましょう☺️✨

LINEで読者になる

続きを読む

【美容室に行く時にコレしてないですか?】そうなんです。美容室に行く時に、グロスをつけるのはオススメしません!なぜなら、髪の毛がべったりくっついてしまうんです。切った髪の毛や、ドライヤーで乾かしている時の髪の毛がベッタリと。なので、グロスは施術が終わってか ...

【美容室に行く時にコレしてないですか?】
FullSizeRender


そうなんです。
美容室に行く時に、グロスをつけるのは
オススメしません!


なぜなら、髪の毛がべったり
くっついてしまうんです。


切った髪の毛や、
ドライヤーで乾かしている時の髪の毛が
ベッタリと。




なので、グロスは
施術が終わってから
つけるのをお勧めいたします




LINEで読者になる
続きを読む

どうも、みなさんこんにちは!美容師イラストレーターのTAKUOです。今回はね、「美容室でのヘアカラーの豆知識」について、書いていこうと思います。皆さんは美容室で色のオーダーをする時にこんな経験はないですか?「あーそれはブリーチしないと無理だねぇ」「あー、今の状 ...
どうも、みなさんこんにちは!
美容師イラストレーター
TAKUOです。

今回はね、
「美容室でのヘアカラーの豆知識」
について、書いていこうと思います。

皆さんは美容室で色のオーダーをする時に
こんな経験はないですか?

「あーそれはブリーチしないと無理だねぇ」
「あー、今の状態じゃ無理だねぇ」

え、今の私の髪色は
なにならできるの!?

そんな疑問を解説していきたいと思います。

5005

①自分のトーンレベルを把握しよう!
髪の毛には明るさのレベルがあるということは、
美容師さん以外のみなさんも知っているかと
思います。

5005

こちらの画像がトーンスケールと呼ばれるもの。
髪の明るさの早見表みたいな物です。

ヘアカラーをするにあたって、
染める前のトーンレベルが仕上がりを左右する程
最も重要になって来ます。


5005

②染める前の明るさがどれくらい仕上がりに
 影響してくるのか頭に入れておこう!
​先程、お伝えしたのですが、
カラーリングの仕上がりは、
染める前の明るさで決まります!!

​わかりやすいようにイラストで表しました。
IMG_9436
​染める前の髪の毛を画用紙に例えてください。
染めたい色(今回はわかりやすくオレンジ
明るさの違う画用紙に塗った画像です。

もちろん真っ黒の画用紙(髪)に色を塗っても
まったく色味がわかりませんね!
逆に、明るめの画用紙(髪)に色を塗った方は
かなり色味を感じれると思います。

画像は極端ですが、そういうことです。
染める前の髪の毛が明るければ明るいほど
希望の色をよく発色してくれるということです。
(カラーリングはもっと奥深いのですが、今回は
 お客様にわかりやすくするためにこのような解説です。)

5005

③実際に染めてみよう!!
​今回は、黒髪の女の子を
今、流行りのミルクティベージュにするまでの
過程をお見せ致します。

IMG_9447
​左が染める前の状態。右が希望の色味です。
①であげたトーンレベルで見ると、
染める前のトーンレベルは〈5レベル〉ですね。
5005
​そして、希望の色味は
とても透け感のある明るいミルクティベージュ。
②でお伝えした事を当てはめると…

ミルクティベージュを入れる前に、
最低でも…

IMG_9440

これくらいの明るさまで明るくする必要があります
トーンで言うと、15レベル以上。
なので、今回のような事例では、ブリーチを使ってこの明るさまで脱色していく必要があります。

IMG_9445

だいたい平均的な日本人の髪質ならば
15レベルまで持っていくには、
最低2回のブリーチは必須かなと思います。
※もちろん、希望の色によってブリーチの有無、ブリーチの回数など変わってきます。今回はミルクティベージュの場合の例。

​このように、希望の色によって
必要な明るさの土台が必要という事です。

ヘアカラーにとって、1番重要なのは
綺麗な土台作りがもっとも大切なのです。


いつもなかなか希望の色にならない。

​そんな悩みをもっている方がいるのであれば、
まず、しっかりとしたベース(土台)作りを
担当の美容師さんと相談しながら進めていくのが
最優先ではないかと私は思います。


長くなりましたが、
最後まで読んでくださってありがとうございます。


ぜひ、たのしいヘアカラーライフを
送っていただければと思います。



参考になった!面白かった!と
思っていただければ、ぜひ拍手👏コメント
SNSでのシェア、よろしくお願いいたします。


いつもありがとうございます!


TAKUO


LINEで読者になる




続きを読む

【意外と知らない美容室でのNG行動】​※あまりにも汚れている場合や、スタイリング剤がつき過ぎている場合は別です。軽く泡立てる程度に流してから美容室へ行きましょう。美容師は1日に何人も、今まで何千人と頭を触って来ています。人の髪の毛、頭皮に対してまったく抵抗 ...

【意外と知らない美容室でのNG行動】


IMG_9316

IMG_9326

IMG_9327

IMG_9328

IMG_9330

IMG_9331

IMG_9332

IMG_9327

※あまりにも汚れている場合や、
スタイリング剤がつき過ぎている場合は別です。
軽く泡立てる程度に流してから
美容室へ行きましょう。


美容師は1日に何人も、今まで何千人と
頭を触って来ています。
人の髪の毛、頭皮に対して
まったく抵抗はありません。

なので、気にせずにご来店ください。

LINEで読者になる

続きを読む

「美容師あるある」「美人なお客さんほど、イビキかく」「身長が低い美容師さん」「そこ、のっちゃいけない所」「萌え袖やめてwwカラーつくし、毛まみれ」 ...
「美容師あるある

5005
「美人なお客さんほど、イビキかく」
FullSizeRender
5005
「身長が低い美容師さん」
FullSizeRender

5005
「そこ、のっちゃいけない所」
FullSizeRender
5005
「萌え袖やめてwwカラーつくし、毛まみれ」

FullSizeRender


LINEで読者になる


続きを読む

5

美容室でシャンプーされる時に、声かけしてほしいか、いらないか。美容室のお客様2000人に聞きました。だそうです。意外といらないという声が多かったですねただし、美容師とお客様の信頼関係が築けている前提の話だと思います。「いらないっちゃいらないけど無いと不安 ...
美容室でシャンプーされる時に、
声かけしてほしいか、いらないか。

美容室のお客様2000人に
聞きました。

IMG_8934

だそうです。

意外といらないという声が多かったですね


ただし、美容師とお客様の信頼関係が
築けている前提の話だと思います。



「いらないっちゃいらないけど無いと不安かも」
「声かけがあるので慣れてるから、実際無くなると不安」

と、いう声も少しありました!


シャンプー中のお客様は
リラックスしたい!という気持ちでしょう。

その時の雰囲気で
声かけするかしないか
マニュアルに捉われず
応用してみて下さい。


LINEで読者になる

続きを読む